春の安全キャンペーン

ストライダー3つのルールThree rules

ストライダーには安全に遊ぶための3つのルールがあります。
大切なお子さまの身を守るため、まずは保護者の方が安全に対する理解を深めてください。

RULE.1
公道歩行禁止
ストライダーは自転車ではありません。 交通ルールを理解できない小さなお子さまが ストライダーで公道を走行する行為は大変危険です。 絶対におやめください。
RULE.2
ヘルメットは必ず着用してください
何よりも大切なお子さまの命を守ってくれるのがヘル メットです。安全性の高いヘルメットを選びましょう。 また、小さい頃からヘルメットを被る習慣を身に つけましょう。
RULE.3
遊ぶときは保護者同伴で
お子さまが走行中、保護者の方は決してお子さまから目を離さないでください。

走行禁止場所

  • 公道、駐車場、車両の往来する可能性がある場所
  • 公道など車両の往来がある区域への飛び出しが懸念される場所
  • 急な坂道(急な坂道ではスピードが出過ぎコントロールが出来なくなる恐れがあります。)
  • 段差など転落の恐れがある場所
  • 階段および階段付近
  • 危険な障害物がある場所
  • プールサイドや水辺付近
  • ストライダーが禁止されている場所
  • 乳児がいる場所

安全に適した服装&防具の着用Clothing & armor

ストライダーは足を大きく動かして乗るものです。運動に適した服装で遊ぶようにしてください。裾の長い衣類やスカート等、走行中タイヤに巻き込まれる危険性がある服装での乗車は控えてください。またストライダーは商品特性上、転倒の恐れがございます。安全に楽しく遊ぶ為、ヘルメットは必ず着用してください。プロテクターの着用も強く推奨します。

ヘルメット
転倒の際、お子さまの頭を衝撃から守ります。
頭にぴったり合ったサイズを選びましょう。
楽天のサイズを計ろう情報
プロテクター|グローブ
転倒の際、お子さまの手を守ります。
乗り始めの時期は特に着用を心がけてください。
プロテクター|肘膝あて
転倒の際、お子さまの身を衝撃から守ります。
乗り始めの時期は特に着用を心がけてください。
スニーカー
動きやすくサイズの合ったスニーカーを履きましょう。
紐の無いタイプだとより安全です。

ブレーキのない理由Reason without brake

2~3歳の幼児にはブレーキレバーを握る握力は備わっていません。つまりブレーキ操作を行うことができません。もし仮に握力が備わっていたとしても「レバーを握る=止まる」という動作は直感的操作ではないので、幼児にとっては非常に難しい操作となります。ですのでストライダーにブレーキが付いていたとしても、実際には全く役にたたず、車重も重くなりコントロールしにくくなります。危険を察知したとき、幼児は反射的に足で止まろうとします。ストライダーは足でしっかり止まれるように超軽量設計となっておりますので、まずは自分の足でしっかり止まることを身に付けさせてあげてください。

マナーもグッドなGOOD RIDERManner

公園はみんなの遊び場!
公園などの公共エリアでは他の利用者や周りの
迷惑にならないよう走行しましょう。
思いやりで、お友だちとも仲良く!
小さいお友だちや、乗りなれていないお友だちがいる場所
ではスピードをおさえ、ゆずり合って遊びましょう。
愛車を大切に!
遊んだあとはホイールやフレームについた
泥汚れをキレイに落としましょう。

ルールを守っていないライダーはだーれ?Find No good Rider!

答えはこちら

ヘルメットをかぶってない!

大切な頭を守るヘルメットは必ずかぶろう!

あれ?公道を走っているよ!

公道は車や自転車が走っていてとってもあぶないから乗っちゃだめだよ

坂道はとってもキケン!

急な坂を駆け下りるとスピードが出すぎてとってもキケン!

ストライダージャパンの安全啓蒙活動Safety activity

幼児体育プログラム

全国の幼稚園・保育園を対象に毎年約90園で開催されるストライダーの幼児体育プログラム。ここではストライダーの正しい乗り方と、卒業後の自転車走行を意識した交通ルールなど、4~5歳の園児を対象にプロの講師が行うプログラムです。
詳しくはこちら

ストライダーで交通安全

京都府警察と取り組み、ストライダーの安全教室を開催するなど、ストライダージャパンでは子どもたちが安心して元気に遊べるための環境作りや安全啓蒙を様々な方にサポートしていただきながら積極的に活動しています。
詳しくはこちら